【PUBG】立ち回りで勝つ!!確実に勝率の上がるドン勝への立ち回りのアレコレ【PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS】

最近流行りのFPS、TPSゲーム、PUBGでドン勝へ大きく近づく立ち回りをまとめてみました。

PUBGでFPS、TPSを始めた人も多くいると思いますので、中々勝てない、ドン勝が遠い…そういった人向けの優勝が近づく立ち回りの1歩目をまとめてみる事とします。

全然打ち合いに勝てないけど、優勝したい!!そんな人向けの記事となります。

発見される前に敵を見つけよう

走って移動をする際の索敵はとても重要です。

Altを押しながらのフリールックで回りを見渡しながら全包囲、敵の居る可能性の高い方を重点的に確認しながら進まなければいけません。

収縮の時間に追われている時は真っ直ぐ走るしかありませんが、そうではない場合はただ真っ直ぐ走っているだけでは敵に先に見つけられてしまう確率が上がってしまうだけです。誰しもが円の中心方向に向いたいのですから。

ですので中盤以降で移動手段が徒歩しか無い場合には、出来るだけ索敵に時間を使えるように、かなり早めの移動を心がけた良いでしょう。

また、走って移動する場合は出来るだけ広範囲を索敵出来る移動方法を取りましょう。

進行したい方向を正面とすると、右へ大きく斜めに走りながら右方向を確認し、今度は左斜め前方へ切り返しジグザグに移動しながら出来るだけ広い範囲をクリアリングしましょう。

起伏の激しい場所等では丘などを使い、丘向こうからは見えない中腹から反対側を重点的に確認したのち、丘上から反対側を確認する等、地形を上手く利用する事が大事です。

針路をどうするかをあらかじめ考え、早めに行動し、しっかりとクリアリングしながら移動を心がければ、かなり相手より先に敵を発見する事が出来るようになります。

もし先に打たれても1対1なら落ち着けば大丈夫

慎重に移動していても先に発見される事は絶対にあります。

もしそうなっても一方的にやられる事の無い様に、あらかじめ針路を考える際、出来るだけ木や岩、起伏等隠れられる場所をつたって移動するようにしましょう。

そうすれば万が一先に打たれて被弾したとしても、初弾が頭にさえ当たっていなければ大抵逃げ切る事が出来ます。

この時一番重要な事は1発目が放たれた時に確実に相手の方向と大体の位置を把握する事です。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、突然でもしっかりと音を聞いて把握する事が大事です。

ある程度慣れて落ち着いて対処出来れば誰でも分かるようになりますので、事項を参考にしてみて下さい。

どこから打たれたか分からない?音の聞き方

PUBGでは音を聞く事が何より重要です。

出来るだけ左右の音量差を少しでも把握しやすい様にヘッドフォン等を使ってプレイする事と、テクニックのひとつとして音がした時には必ず首振りを行うクセをつけましょう。

音を発生させる何かが真っ直ぐ前方にある場合と、真っ直ぐ後方にある場合では、左右の音の音量差がありませんので、前から音がしているのか後ろから音がしているのか分かりにくい場合があります。

また、音が鳴りやむ前に首振りを行うと左右の音の音量差が変化しますので、首振りをするクセに慣れると音を聞いた瞬間に方角と角度を特定出来るようになります。

距離は音量と目視で判定するしかありませんので慣れが必要ですが、方向さえ確実に分かればもしも先に打たれたとしてもいち早く打たれない場所に隠れる事が出来るでしょう。

建物付近等で首を振っても足音の音量差がほぼない、という場合には左右ではなく上か下に居るという事が分かりますし、別の人との交戦音もある程度の角度を把握しているだけでかなり有利に移動する事が出来ます。

それが出来るようになれば、色々な音の音量と距離に慣れて把握出来るようになるだけで、音が鳴った瞬間、打たれた瞬間に、位置が特定出来るようになるはずです。

音の種類を覚えよう

方向を把握する事が出来るようになったら、あとは距離と位置をすぐに測れるようになるだけですが、これは自身の環境や音量設定などにもよりますので、出来るだけよく聞いて早く慣れるようにしましょう。

自分が撃たれている場合には、「発砲音」「着弾音」「風切音」といった種類の音が聞こえますので、これらを瞬時に正確に分析する事が必要です。発砲音の種類と方向で敵の武器と距離が分かります。

また着弾音と着弾した位置でもある程度の方向が分かる事があります。

風切音は特に狙われているが当たっていないという程度の情報なので無視しても問題ありません。

慣れないうちはこれらの音がほぼ同時にやってくるので戸惑って慌ててしまい、見当違いの場所に隠れてやられてしまう事が多いかもしれません。落ち着いてしっかりと聞けば分かるようになりますので一つ一つの音を理解し慣れていきましょう。

撃っている銃の種類等は慣れるしかありませんので、自分でも色々な武器を使ってみて覚えていくことにしましょう。

スナイパーライフル(SR)やアサルトライフル(AR)等の弾速が音速を超える火器で遠距離から発砲されている場合、着弾音の後に遅れて発砲音が聞こえてきます。

この場合は着弾と発砲音の時間差でもある程度の距離が分かります。最初は特に発砲音を聞き分けられるようにしましょう。

しっかりと避けられるようになるまでは、とにかく首振りで自分に対して行われた発砲音の方角だけに集中した方が良いと思います。

動いているのと止まって隠れているのはどちらがいい?

状況に応じてじっと動くべきではない場合と、常に走り、歩き、動き続けている方が良い場合があります。

これを見間違うと一方的にやられてしまう事になる可能性が高くなりますので良く考えて行動した方がよいですね。

ただ、基本的には平原でも木の裏でも常に動き続けている方が強い場合が多いです。

木の裏で隠れていたり、匍匐状態で潜んでいるつもりなのに、ヘッドショットや2、3発先に撃ちこまれやられてしまった事はありませんか?

1発目の発砲音がした時には既にやられているという状況にならないためにも基本的には動き続けましょう。

じっとしていても問題ないのは

  • 屋内等で自分に対して発砲出来る場所がない時
  • 確実に位置バレしていない状態で自分を打てる場所が少なく、かつそちらを見続けていられるとき
  • 終盤戦等で敵同士にまずやり合わせられる状況にある時

等々状況に応じてじっとしている事の方が良い場合もありますが、そうではない場合には基本的に動き続けた方が良いと思われます。

何より初弾を頭に当てられてしまう事、発砲音を聞く前に2、3発目がHITしてしまう事を避ける事が重要です。

移動場所は円のどこがいい?

円のふちでパルスを背に戦う場合と中央付近に陣取り待つのはどちらが良いか、これは難しいですが好みやそれぞれの技量にもよると思われます。

中央付近の場合は待つ事が出来るので一方的に勝てる場合も多いですが、発砲音等で位置が発覚すると囲まれてしまうリスクもあります。建物に入らず中央付近に陣取る場合は常に四方を警戒しなければならないため、かなり難易度が高いと言えるでしょう。

円のふち付近で戦う場合は終盤になればなる程エリア外のスリップダメージが大きくなるためエリア外に敵がいる可能性がどんどん低くなり、敵が来る方向をある程度限定する事が出来ます。

左右に広く警戒しながら前進すればかなり安全に進む事が出来ますが、次のエリアが遠方に指定され、かつ周囲に敵が多く居た場合に車なしで切り抜けるのはかなりリスクが高いでしょう。

結果的に一番安全なのは、早めに中央の建物へ移動し陣取るか、針路決定の時点で飛行機の航路等から円の中心へ向かう人口が一番少ない方向を選び、円のふちを移動していく、この2択の好みではないでしょうか。

針路決定の時点でその後のプランを決める。これは打ち合いが苦手な人にとってとても重要な事です。

航路からどこに着地するべきか、その後初期の円が決まった時点でどこに動くべきか。

これをしっかり考え出来るだけすぐに早く動くべきだと考えます。

ちなみに筆者も打ち合いは苦手なタイプですが、初期のエリア決定の時点で中心に入ってしまうのが好みです。

打ち合いは強くなくても勝てる

ここまで読んでみていかがだったでしょうか?

今回はかなり初歩的な戦い方のコツをまとめてみたつもりです。

実際PUBGは正面での打ち合いに強くなくても勝てるゲームではないかと思います。

ちなみに筆者はKD(キル/デスのレート)が1未満になる事もあるレベルですが、勝率10%、TOP10は40%付近です。

あまり打ち合いやAIMが得意ではないという方も、音に注意したり立ち回りをしっかりと考える事で勝てるようになると思いますので頑張ってみて下さいね。

次回はもっと具体的な所まで掘り下げて行きたいと思います。少しでも皆様の勝率が上がりますように!