【失敗しない独立】美容師として成功するためにどうするべきか経験談から真剣に考えてみた

美容師として独立したい。失敗しないお店作りのためには何をすべきか。

 

私の知り合いが美容師として独立しました。

場所は都内、古くからの友人でもあり独立の手伝いを頼まれ、売上も安定してきて数年が経ちました。

(私自身は美容師ではありません)

なぜそんな声をかけられたかといいますと、私の叔母は地元で美容室を数店舗営んでおり、色々と業界の事を理解しているという事が一つ。

また、業界は全く違えど会社の経営陣に近い関係で仕事をしていた事と、何度かビジネスの立ち上げに参加した経験があるからでした。

今回はそういった経緯を元に、将来的に美容師として独立したいと考えられている方向けに、いま何をするべきか、一緒に考えて行きたいと思います。

雇われ美容師の報酬が安いのはなぜ

 

少し前に女性の間で流行った言葉に「付き合ってはいけない3B」というものがありました。

3Bとは職業の頭文字を取ったもので、「バーテンダー」「バンドマン」「美容師」の3種類の職業の事を指しています。

これらは「安定しないから」「いつまでも続けられる仕事ではないから」「夢を追い続けても成功するとは限らないから」「他の女性にモテやすいから」という風に色々な理由から言われているのですが、その中に「美容師」が入っているのは「収入が上がりづらいから」という理由も大きいと思われます。

なぜ美容師の年収は上がりづらいのでしょうか?

 

美容師でも年収1000万近く稼ぐ人は大勢いる

 

実際に美容師として大成功している方は沢山いらっしゃいます。

しかし普通に店舗に所属して働いている方の中では本当に稀です。

例えば芸能関連に近い所でお仕事されている方でしたり他にも色々な場合がありますが、そういった方も最終的にはフリーランスとして働いたり独立してしまう場合が多いので、基本的には皆無に近いのではないかと思われます。

 

免許を持っている事自体には希少性がない

 

国家資格にも関わらず給与がとても低い理由は、希少性の低さが主に理由としてあります。

簡単に言えば時間さえかければ誰にでも取得する事ができ、美容師になりたいと思う人のニーズも多く、結果日本には数十万人の資格保持者がいます。

つまり免許を持っているだけではあまり大きな意味を持たず、その先で大きな仕事を取って来る事が出来るか、独立する事が出来るか、ここが美容師としての大きな人生を左右するターニングポイントであると言えますね。

勿論中には、美容師という職業が本当に好きで、給与が安くてもずっと続けていたい、そんな方も中にはいらっしゃるかと思います。

それでもこちらの記事を読まれている方はきっと、少しでも成功したい、独立して自分の店を持ちたい、そういった方の方が多いかと思いますので、今回はそういった方向けに書かせて頂きますね。

 

独立する?しない?どちらの方がいい?

 

自身の経験や立ち位置から、独立する以前の相談をされたりする事はよくありました。

相談の内容は「独立するけどどうすればいいのか」「独立するか悩んでいるがどうするべきか」この2段階の状態にわけられます。

最初にズバリ言ってしまいますが、そこまでに考えが及んでいる状況で、独立しない方が得だという事はほぼ無いと思われます。

色々と考えた結果、もう少し今のサロンで人との繋がり等を増やしたり、時期を数年後にした方がよさそう、という場合はあり得るかもしれません。

そんな悩みの種の中心は一体どんな事でしょうか?

将来や新しい事への挑戦に対する不安?責任が大きくなる?苦労がより増えるんじゃないか?

他にももっともっと沢山あると思います。

それでも考えて見て下さい。

その悩みの規模の大小違いはあるかもしれませんが、結局雇われていても独立しても同じです。

雇われとして働く毎日の繰り返しの中その不安が感じ取れなくなっているだけで、深く掘り返し考えてみれば結局同じだという事に気付くはずです。

そんな中自分が本当にやりたい事だったり、いまの現状動きづらいような理由が明確に言えるのであれば、それは独立した方が良いと私は考えます。

美容師ですらない私の意見が参考になるか微妙ですが、独立を考えないのなら美容師になる意味がない、と私は思っています。

 

独立するタイミングはいつが一体一番良いのか真剣に考えてみる

 

勿論誰しも失敗したくはないと思いますので、一番ベストなタイミングは一体どこなのかと考えてしまいますよね。

ただ私は大まかに言えば早ければ早いほど良いと思っています。

若いうちから独立しても失敗するだけだ、そんな風に言われてしまいそうですが、この世の中に失敗しない人なんてきっといませんよ。

何かしらを失敗した時に致命傷にならなければ良いのです。

明日から修正すれば良いのです。

どう失敗したら致命的になりかねないか、しっかりと考えてあれば良いのです。

若いうちに多数の失敗をしておくべきです。

人間は衰えるものですから、体力のあるうちに沢山の失敗を重ねておく方が、どんな状況においても良いと思いませんか?

逆に美容師という職業は既にどこかに在籍されてお仕事をされている様でしたら、独立して採算が取れそうなラインというものが比較的容易に算出する事が出来ます。

自分自身の成績としっかりと向き合ってみて、このリピート獲得率であれば問題ないと思われる程の実力がついていれば、いつ独立を考えても良い段階ではないかと思います。

勿論それだけで言えるものではありませんが、少しでも若い頃にどんどんと新しい経験を積んでおいた方が、必ずその先有意義な人生になるのではないかと考えています。

 

美容師として独立したい人が学ぶべき技能

 

美容師として走り出したばかりのアナタでしたら、きっと業務やレッスンに追われ本当に毎日が大変でしょう。

きっといつも時間がない、足りないとそんな事ばかり考えており、一体何をするべきか分からなくなってしまいがちです。

そんな境遇の人達と話す機会も沢山あったものですから、何となく皆さんの気持ちは理解出来ます。

ただ、美容師として独立し成功したい、この目的のためだけにフォーカスして考えるのであれば、いまのアナタが磨くべき技能はコミュニケーション能力と社交性です。

毎日練習してカットが上手くなる事も勿論大事ですが、ただ上手な美容師というだけではお客様は何度も足を運んでくれませんし、何より客商売であるという事を理解しなければいけません。

それが出来なくても、ホットペッパーや広告を駆使して新規顧客はきっと獲得出来る、そう思われるかもしれませんが、そんな事は世の中に存在するほとんどの美容室が行っています。

同じことをしているのであれば、独立したばかりのアナタが、既に数店舗あって予算もしっかりと確保出来ているような店舗に果たして打ち勝つ事が出来るでしょうか?

勿論これは一概にそうだとは言い切れませんので、その人なりの戦略性を取った違う攻め方が出来る可能性はあります。

しかしながら何をすべきか将来的なビジョンが見えていない状況であるならば、コミュニケーション能力と社交性を特に磨いていくべきでしょう。

また、コミュニケーション能力と言われると沢山話せるようになれば良いんだと勘違いされる方がいらっしゃるかもしれません。

美容室に来られたお客さんの中にはあまり話しかけられたくない人もいるかもしれないですよね?

コミュニケーションはラテン語: communicatioに由来しており、「分かち合うこと」を意味しています。

目の前のお客様との会話が上手く出来るか否かではなく、お客様との人間関係が上手く成立するか否か、といった所でしょうか。

 

最初の1、2年さえ乗り切れればなんとかなる

 

実際手伝いをしていた店舗も、最初の数か月は赤字になっていました。

今となってみれば理由は明白であったのですが、逆を言えば最初の1年を上手く乗り切れないと、いつまでも苦労する事になるかもしれません。

独立するまでも勿論大変ですが、まずはそこから1、2年をどう乗り切るか、というプランをしっかりと立てていた方が良いでしょう。

お金をどう工面するのか、売上目標を下回った時にどうするか、どの位の保険をかけておいた方が良いか。

そういった事柄が始める前には中々見積もりにくいと思いますので、この部分で悩まれている方が特に多い印象です。

我々も始めは実際に美容室を立ち上げた経験がある訳ではありませんでしたから、何人もの美容室オーナーさんにお話を聞きに行きました。

その時色々な方にお世話になっていますので、いまは逆にこれから独立されたい美容師さんにアドバイスをしている訳です。

 

いま独立を考えるアナタに必要な情報とはどんな事

 

この記事を書いていて、ここへたどり着いた方が求めている情報はいったいどんな事だろう、と色々考えて見ました。

ただ、やはり沢山の独立の相談等を受けていて思うのですが、やはり大事なのはその人が見ているビジョンであり、どこへ向かいたいかというそれ次第で、いますべき事はかなり変わって来てしまうものだなと改めて思います。

大事なのはコミュニケーションとカウンセリングであると言う美容師さんが多い事から分かるように、やはりその能力を磨く事は大事です。

しかし、自分で独立して店舗を持つという事は、そこからさらに一つ大きな目で外を見なければなりません。

その先に自分の成し遂げたい着地点はどこにあるのか。

私はコンサルティングと言っていい程の大それた事をやっているかどうかとなると微妙ですが、それに近しい事やアドバイス等をさせて頂いている立場から、私と店主となるあなたとの間のカウンセリングがやはり重要で、これはお客様とお店に限った事ではなく、人間の社会活動あらゆる場面において大事な事なんだなと改めて実感します。

私も色々な方の環境に触れたり、より多くの方々とお話してみたいという願望がありますので、もしもこれから独立を考えたり、美容師として悩みを感じている方がいらっしゃれば、力になりたいとそう思っています。

そうそう反響があるかどうかは分かりませんが、お問い合わせ等からご連絡頂ければ時間の許す限りのアドバイスはしてみたいとそう思いますので、宜しければ是非お気軽にお問合せ頂ければと思います。

直接の連絡先やLINE@等はこちらに記載出来ないとの事でしたので、当ブログのお問い合わせ経由でご連絡頂ければ私の方までご連絡頂けるとの事です。

夢を叶えるという事は非常に難しい事ですが、それが形になった時の達成感たるや、生きていて良かったと、そう思える程に素晴らしいものがあります。

私のこの記事が何かしらのキッカケになったりする事があれば幸いです。

それでは今回はこの辺で。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。